コタツムシ日記

カテゴリ:神社・仏閣( 3 )

そうだ京都へ行こう!!の巻 前編

キンキンは結婚式の為に
私はお友達に会う為に
1泊2日の強行軍で京都へ行ってきますた。


速い速い!
ノスタルジックな気分に浸る間もなく
新幹線で名古屋から京都に30分で着いてしまいますた。








彼女は洛東の素敵な場所に住んでおられるのです。
京都駅からバスで楽々♩


とりあえず桜の名所でもある哲学の道を散歩。
f0001781_1931456.jpg



川の両岸に桜が植わっていて
そこを縫うように小道が続いているのです。
f0001781_19335252.jpg



季節的に
もちろん桜が咲いているハズもなく
以前はピンクであったろう奴らはかなり青々としていますが
新緑を味わうことができ
爽やかな気分になりますた。








この先には銀閣寺
正確には東山慈照寺。
あ〜、またまたマイ御朱印帳を持ってくるのを忘れちゃったよ…。


義満の金閣寺におされ
ややマイナーな義政の銀閣寺ですが
見るのは初めてだったので
かなりワクワクしていますた。


お土産物屋の坂を通り抜け
(なぜか店先で
 B'zと浜崎あゆみと故HIDEのタペストリー
 を売ってるのが非常に気になった!!)
ああ、もうすぐ初めてお目にかかる銀閣寺!!




f0001781_19532020.jpg



修復工事中ですた…。


悔しいので立派なお庭を回ってやる!!


なんか知らんが
銀閣寺はと戦っているようです。
f0001781_19554160.jpg



ちょっと邪魔な苔
とても邪魔な苔がいるかたわら
f0001781_19561185.jpg



大切な苔とやらもいるそうです。
ジメジメ。







銀閣寺を離れ白川通りを北上。
この通りにはちょっとした有名な本屋
ガケ書房があるのです。
f0001781_203785.jpg



書房というだけあって
もつろん素敵なチョイスな本も置いてあるのですが
CDや服や小物も置いてあって
表現はイマイチだが
かなりゆる〜いヴィレッジヴァンガードといったところか…?


店内に「弾いてやって」的な張り紙とアコギが置いてあって
男性の客(なの?)が突然弾き語りを始めた。


ん〜、これがまたなかなかウマイ!!


くるりの岸田君も来たことがあると聞いて
なんだか無理矢理に納得。
本屋なのにとても居心地が良くて
一番ここでゆっくりしてしまいますた。
[PR]
by hiroponh3 | 2008-05-17 19:12 | 神社・仏閣

高野山へ行く

『日帰りバスツアー、高野山奥の院めぐり』に参加してみる。
お弁当、現地ガイドもついて一人¥5500だ。

延暦寺は以前攻めた(?)ので
延暦寺とくればそりゃ金剛峯寺であろう。
日本史の教科書に必ず載っていて、つねに比較される二つ・・・
比叡山延暦寺最澄天台宗
高野山金剛峯寺空海(弘法大師)真言宗だ。

孔雀に会えるかな~?」ワクワク♪(^◇^)
「・・・良い子にしていれば、た、多分・・・?」
こんなバカな会話も成り立ってしまうぞ!!

高野山は世界遺産に登録されていて
麓から車で1時間くらい登った
和歌山県のすんごい山奥に寺などがあるのですが
これまたすんごい広くて
寺というよりは立派な一つの町だった。
銀行や病院やはもちろん、役場や学校もあって
寺も無数に存在していて、全部見て回るには2日かかるそうな・・・。

初めて知りましたが
総本山金剛峯寺の建物は寺ではなく
書類仕事、
いわゆる事務的仕事をする場所なのだそうだ。

(高野山全てを金剛峯寺とも呼ぶらしいが・・・?)
んで、高野山の本当のメイン(?)とは
奥の院・弘法大師御廟と呼ばれるところだそうだ。
OH!!今日行く所ではないか~!!!!

そこにたどり着くまでの道のりには
そうそうたる方々のお墓が並んでいた。
織田信長豊臣秀吉等の超有名戦国武将のお墓や
(信長のお墓って京都になかったっけ?)
よくわからんが企業のお墓
天皇家のお墓もあった。

f0001781_177691.jpg
これは徳川家のお墓
お墓というよりは
もはやヤシロといった感じか?


f0001781_17193978.jpg
宗派を問わないそうなので
寺なのに鳥居があったりもする・・・。


写真は無いですが
御廟もとても立派な建物だった。
表だけではなく、建物の裏に回ってお参りすることが重要なんだそうだ。
しかも今の時期だけ特別に
地下に降りて参拝することもできた。
これも初めて知りましたが
空海は即身成仏となったので
今でも御廟の後ろの洞窟にいるそうだ。

布がかかっていて本人に会うことはできませんでしたが
地下に降りることによって
空海のすぐ近くでお参りできた、もう大興奮だ!!!!


f0001781_17365036.jpg
帰りのサービスエリアで見た
噂(!?)の”はまぐりラーメン”
ま、食べてませんが・・・。


ちなみに高野山では
いろいろと怖いので、あまり写真は撮りませんでした。
お墓の写真は拾い物・・・。
さすが霊山だけあって、とても厳粛な空気が漂っていました。
今度は泊まりで行くぞ~!!
[PR]
by hiroponh3 | 2006-08-17 16:27 | 神社・仏閣

尾張四観音① 荒子観音

実は寺巡りが大好きっ娘。です。
My御朱印帳も持っています。
近所だということもあって
尾張四観音の一つ、荒子観音へ行ってきました。

荒子(中川区)・笠寺(南区)・竜泉寺(守山区)・甚目寺(海部郡)の四つが
尾張四観音と呼ばれています。

荒子観音は正式には浄海山円龍院観音寺という
何て呼んで良いのかわからん長い名前
729年に泰澄(タイチョウ)が開基したとされています。
尾張三十三観音巡礼の第12番札所でもあります。

円空ゆかりの寺でもあるらしく
約1240体の円空仏が納められており
毎月第二土曜日には一般公開されています。
ここの仁王像は円空作であり
個性的というかなんというか・・・
ちょっと変わったユルめの仁王像を見ることができます。必見!!

f0001781_1423193.jpg
寺内に建っている多宝塔は
1536年建立で
市内最古の木造建築であり
(テストに出るぞ!!←ウソ)
重要文化財に指定されています。


本堂は1576年に
”槍の又左”で有名(?)な前田又左衛門利家が再建したらしいです。

f0001781_14132261.jpg
荒子観音から南西200mにある
天満天神宮境内に
彼の生誕の碑が建立されていました。
生誕の地には諸説あるものの
ここから加賀百万石が・・・?感慨にふける。


f0001781_1463369.jpg
付近の道路には
犬千代(確か利家の幼名)ルートの印があり
荒子観音から利家生誕の地まで
迷わずに辿り着くことができます。
迷路のように入り組んだ細い道は
さながら京都のようであった。
(野良猫?多し!!)


NHK大河ドラマ「利家とまつ」が放送されていた頃は
この周辺も賑わっていたのであろうか?
今ではひっそりとしていて
3~4人の参拝者がいただけだった・・・。

私的にはかなり素敵なお散歩コースが発見できて良かったです。
あれ?そういえば寺はラララ♪無人君
御朱印ももらえなかったな~?

本当はもっとたくさん写真を撮りたかったのですが
こういう物は実際に見ていただきたいです。
のと、やっぱ気が引けますわ・・・。
[PR]
by hiroponh3 | 2006-02-20 15:07 | 神社・仏閣

チケット売り切れか…
by hiroponh3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

■名前:ヒロ☆ポン
■生年月日:1977.2.12.
■血液型:A型
■性別:♀
■特技:寝ること
■生息地:コタツ跡地
(138)
■キン○○:ハズバンド
(呼び名の変更あり)

ニセ映画好き、ニセ音楽好き、ニセお笑い好き、ニセ料理好き、ニセ旅行好き、好きな言葉は「中途半端」(笑)

■よくお邪魔するブログ
★岐阜女的戯言★
くるくいるさんのギッフィーズブログ
charlieと私の365日。(えみきゅの子育て日記)
えみきゅさんの憧れの大阪生活ブログ
OMOIDE IN MY HEAD状態
アメリカからナイスな趣味のAKANEさんのブログ
ズボラ主婦の気まぐれ育児日記
まこやさんの(3人の!?)子育てブログ
りつこの本棚
りつこさんの本紹介ブログ
お気楽パン作り
とっても素敵なkateさんの日常のブログ
ゆうころんのブログ
数少ない(!?)似た趣味を持つゆうころんさんのブログ

「四畳半神話大系」公式サイト

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな